日本最高峰の、審査員。

中島 信也

東北新社

1959年福岡県生まれ大阪育ちの江戸っ子。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。’83「ナショナル換気扇」で演出デビュー。その後デジタル技術を駆使した娯楽性の高いCMで数々の賞を受賞。主な作品に日清食品カップヌードル 「hungry?」(’93カンヌ広告祭グランプリ)、サントリー「燃焼系アミノ式 」(ACCグランプリ)、サントリー「伊右衛門」(ADCグランプリ)、日清ラ王「食べたい男・西島秀俊」、TOTOネオレスト「ビッグベン・リトルベン」 など。’10劇場用映画「矢島美容室the movie」を監督。武蔵野美術大学客員教授(情報デザイン学)、金沢工業大学客員教授(メディア情報学)。

河尻 亨一

銀河ライター

雑誌「広告批評」在籍中には、広告を中心にファッションや映画、写真、漫画、ウェブ、デザイン、エコなど多様なカルチャー領域とメディア、社会事象を横断する様々な特集企画を手がけ、約700人に及ぶ国内外のクリエイターにインタビュー。伝説のクリエイター・石岡瑛子の生涯に迫る伝記「TIMELESS」をオンライン連載中。 http://eiko-timeless.com

福里 真一

ワンスカイ CMプランナー
コピーライター

1968年鎌倉生まれ。一橋大学社会学部卒業。92年電通入社。01年よりワンスカイ所属。いままでに1000本以上のテレビCMを企画・制作している。主な仕事に、吉本総出演によるジョージア「明日があるさ」、樹木希林らの富士フイルム「フジカラーのお店」、トミー・リー・ジョーンズ主演によるサントリーBOSS「宇宙人ジョーンズ」、BOSS贅沢微糖「贅沢していい人」、トヨタ自動車「こども店長」「ReBORN 」「TOYOTOWN」、ENEOS「エネゴリくん」、東洋水産「マルちゃん正麺」、アフラック「ブラックスワン」、ゆうパック「バカまじめな男」など。その暗い性格からは想像がつかない、親しみのわくCMを、数多くつくりだしている。
著書に『電信柱の陰から見てるタイプの企画術』(宣伝会議)、『困っている人のためのアイデアとプレゼンの本』(日本実業出版社)。月刊『創』に「このすばらしき、ろくでもないCMプランナー」連載中。

高崎 卓馬

電通

1969年、福岡生まれ 早稲田大学法学部卒 エグゼクティブ・クリエーティブディレクター CMプランナー 主な仕事に、サントリーオランジーナ「ムッシュはつらいよ。」や白い金麦「そいうえば、しあわせ」JR新幹線新青森駅開業「MY FIRST AOMORI」や「行くぜ東北」キャンペーン、BEAMS「恋をしましょう」キャンペーンがある。 映画「ホノカアボーイ」では、脚本・プロデュースを手がける。JAAA クリエーター・オブ・ザ・イヤー、TCCグランプリ、ACC、NYADC、カンヌ国際広告賞、ONE SHOW、アドフェストグランプリなど、国内外の受賞多数。

箭内 道彦

すき あいたい ヤバい

1964年、福島県郡山市生まれ 東京藝術大学美術学部デザイン科卒 クリエイティブディレクター 博報堂を経て、「風とロック」設立。 主な仕事に、タワーレコード「NO MUSIC,NO LIFE.」、リクルート 「ゼクシィ」、東京メトロ「Find my Tokyo」、サントリー「ほろよい」、 グリコ「チーザ」、ダンロップ「エナセーブ」など。 「月刊 風とロック」発行人。

木村 健太郎

博報堂ケトル

1969年、神奈川県生まれ。 一橋大学商学部卒 エグゼクティブクリエイティブディレクター アカウントプランナー 博報堂にて、戦略からクリエイティブ、デジタル、PRまで職種領域を越境したスタイルを確立し、2006年、従来の広告手法やプロセスにとらわれない課題解決を提案、実施するクリエイティブエージェンシー博報堂ケトルを設立。代表取締役共同CEO。 直近の主な仕事は、トヨタ“もっとよくしよう”、“TOYOTA 86”、リクルート“Opportunities for Life”、サントリー“HIBIKI GLASS”、ジェームス”みんなのガレージ“、中国トヨタ”ハイランダー“、博報堂採用キャンペーン”People Expert”など。 カンヌ、D&AD、ワンショウ、クリオ、ロンドン国際、ニューヨークADC、ADFEST、SPIKES ASIA、ACCなど受賞多数。2014年アドフェスト審査委員長、カンヌチタニウム&インテグレーテッド審査員をはじめ約20回の国際広告賞の審査員経験を持つ。海外講演も多く、2013年2014年カンヌライオンズ公式スピーカー。 共著に「ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる」

伊藤 直樹

PARTY

クリエイティブディレクター。1971年静岡県生まれ。早稲田大学卒業。テクノロジーとストーリーテリングの融合を追求するクリエイティブラボ「PARTY」のCEO。これまでにナイキ、グーグル、SONY、無印良品など企業のクリエイティブディレクションを手がける。「経験の記憶」をよりどころにした「身体性」や「体験」を伴うコミュニケーションのデザインは大きな話題を呼び、国際的にも高い評価を得ている。2016年、Fast Company誌が選ぶ世界の「The Most Creative People in Business 1000」。最近の作品に、成田空港第3ターミナルの空間デザインやサンスターのハミガキIoT「G•U•M PLAY」などがある 。文化庁メディア芸術祭優秀賞、グッドデザイン賞金賞、カンヌ・ライオンズ 金賞など、国内外の200以上に及ぶデザイン賞・広告賞を受賞。作品集に「PARTY」(ggg books)など。経済産業省「クールジャパン官民有識者会議」メンバー(2011, 2012)。NYの国際デザイン・広告賞ONESHOWの国際ボードメンバー。京都造形芸術大学情報デザイン学科教授。

えぐち りか

電通 アートディレクター / アーティスト

アートディレクターとして働く傍ら、アーティストとして国内外で作品を発表。 2014年初絵本「パンのおうさま」を小学館より発売。広告、アート、プロダクト、ジュエリーデザインなど様々な分野で活動を展開。 主な仕事に、PEACH JOHN 2016「春風のいたずら」編CM及びグラフィック、ソフトバンク「PANTONE6」携帯端末GALAデザイン及びCMグラフィック、TBS6チェン!、ベネッセこどもチャレンジbaby教材玩具デザイン、クロスカンパニー「KOE」のビジュアルブランディング、PARCO、Laforet等のファッション広告、「優香グラビア&ボディー」の装丁、CHARA、木村カエラ等のジャケットアートワークなど。 JAGDA新人賞、ひとつぼ展グランプリ、岡本太郎現代芸術大賞優秀賞、イギリスD&AD金賞、スパイクスアジア金賞、アドフェスト、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、街の本屋が選ぶ絵本大賞3位、他受賞多数。 Blog: http://milkjapon.com/blog/eguchi/

黒田 秀樹

CMディレクター

1958年大阪生まれ。電通映画社(現・電通クリエーティブX)を経て、1990年フリーとなる。日本人論としても語られた第一三共リゲイン「24時間タタカエマスカ」は斬新な映像で一世を風靡し、自ら作詞したCMソング「勇気のしるし」も大ヒットした。代表作は、サントリー「ペプシマン」シリーズ、マンダム「GATSBY」、資生堂「TSUBAKI」、「ELIXIR」など。CM以外に福山雅治、サザンオールスターズ、SMAP、ももいろクローバーZ等のミュージックビデオの監督としても活躍。数コマ単位の映像処理で“右脳”に響く時間を演出。カンヌ国際CMフェスティバル、ADC賞、ACC賞など受賞歴多数。

新着情報

新着情報をもっとみる

スタッフブログ

スタッフブログをもっとみる