CSC審査員

制作したCMは、Campのあとにクリエイティブサポーターに見ていただき、講評を頂きます。あなたの作品を色々な人に見てもらうチャンスです!

中島 信也

東北新社

1959年福岡県生まれ大阪育ちの江戸っ子。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。’83「ナショナル換気扇」で演出デビュー。その後デジタル技術を駆使した娯楽性の高いCMで数々の賞を受賞。主な作品に日清食品カップヌードル 「hungry?」(’93カンヌ広告祭グランプリ)、サントリー「燃焼系アミノ式 」(ACCグランプリ)、サントリー「伊右衛門」(ADCグランプリ)、日清ラ王「食べたい男・西島秀俊」、TOTOネオレスト「ビッグベン・リトルベン」 など。’10劇場用映画「矢島美容室the movie」を監督。武蔵野美術大学客員教授(情報デザイン学)、金沢工業大学客員教授(メディア情報学)。

河尻 亨一

銀河ライター

雑誌「広告批評」在籍中には、広告を中心にファッションや映画、写真、漫画、ウェブ、デザイン、エコなど多様なカルチャー領域とメディア、社会事象を横断する様々な特集企画を手がけ、約700人に及ぶ国内外のクリエイターにインタビュー。伝説のクリエイター・石岡瑛子の生涯に迫る伝記「TIMELESS」をオンライン連載中。http://eiko-timeless.com

須田 和博

株式会社 博報堂 i-ディレクション局
シニア・クリエイティブディレクター

1967年新潟生まれ。1990年多摩美術大学卒、博報堂入社。AD、CMプラナーを経て、2005年インタラクティブ領域へ。2014年スダラボ発足。主な受賞歴:1985年ぴあフィルムフェスティバル入賞。1999年「日本新聞協会」ACC賞、2000年TCC新人賞。2009年「ミクシィ年賀状」TIAAグランプリ受賞、カンヌメディアライオン・ブロンス受賞。2013年「ロッテ・カフカ・泣きやみ動画」カンヌサイバーライオン・ブロンス、アジア太平洋広告祭モバイル・ゴールド、サイバー・シルバー。2014年「ライスコード」アジア太平洋広告祭メディア・グランデ、ロータス・ルーツ、カンヌ国際クリエイティブフェスティバル・PRゴールド・アウトドアゴールド、APACエフィー賞ゴールド、第1回 日本イベント大賞など国内外で合計55冠を受賞。著書:「使ってもらえる 広告」アスキー新書。

箭内 道彦

すき あいたい ヤバい

1964年、福島県郡山市生まれ 東京藝術大学美術学部デザイン科卒 クリエイティブディレクター 博報堂を経て、「風とロック」設立。 主な仕事に、タワーレコード「NO MUSIC,NO LIFE.」、リクルート 「ゼクシィ」、東京メトロ「Find my Tokyo」、サントリー「ほろよい」、 グリコ「チーザ」、ダンロップ「エナセーブ」など。 「月刊 風とロック」発行人。

福里 真一

ワンスカイ CMプランナー・コピーライター

1968年鎌倉生まれ。一橋大学社会学部卒業。92年電通入社。01年よりワンスカイ所属。いままでに1000本以上のテレビCMを企画・制作している。主な仕事に、吉本総出演によるジョージア「明日があるさ」、樹木希林らの富士フイルム「フジカラーのお店」、トミー・リー・ジョーンズ主演によるサントリーBOSS「宇宙人ジョーンズ」、BOSS贅沢微糖「贅沢していい人」、トヨタ自動車「こども店長」「ReBORN 」「TOYOTOWN」、ENEOS「エネゴリくん」、東洋水産「マルちゃん正麺」、アフラック「ブラックスワン」、ゆうパック「バカまじめな男」など。その暗い性格からは想像がつかない、親しみのわくCMを、数多くつくりだしている。
著書に『電信柱の陰から見てるタイプの企画術』(宣伝会議)、『困っている人のためのアイデアとプレゼンの本』(日本実業出版社)。月刊『創』に「このすばらしき、ろくでもないCMプランナー」連載中。

木村 健太郎

博報堂ケトル

1969年、神奈川県生まれ。 一橋大学商学部卒 エグゼクティブクリエイティブディレクター アカウントプランナー 博報堂にて、戦略からクリエイティブ、デジタル、PRまで職種領域を越境したスタイルを確立し、2006年、従来の広告手法やプロセスにとらわれない課題解決を提案、実施するクリエイティブエージェンシー博報堂ケトルを設立。代表取締役共同CEO。 直近の主な仕事は、トヨタ“もっとよくしよう”、“TOYOTA 86”、リクルート“Opportunities for Life”、サントリー“HIBIKI GLASS”、ジェームス”みんなのガレージ“、中国トヨタ”ハイランダー“、博報堂採用キャンペーン”People Expert”など。 カンヌ、D&AD、ワンショウ、クリオ、ロンドン国際、ニューヨークADC、ADFEST、SPIKES ASIA、ACCなど受賞多数。2014年アドフェスト審査委員長、カンヌチタニウム&インテグレーテッド審査員をはじめ約20回の国際広告賞の審査員経験を持つ。海外講演も多く、2013年2014年カンヌライオンズ公式スピーカー。 共著に「ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる」

黒田 秀樹

CMディレクター

1958年大阪生まれ。電通映画社(現・電通クリエーティブX)を経て、1990年フリーとなる。日本人論としても語られた第一三共リゲイン「24時間タタカエマスカ」は斬新な映像で一世を風靡し、自ら作詞したCMソング「勇気のしるし」も大ヒットした。代表作は、サントリー「ペプシマン」シリーズ、マンダム「GATSBY」、資生堂「TSUBAKI」、「ELIXIR」など。CM以外に福山雅治、サザンオールスターズ、SMAP、ももいろクローバーZ等のミュージックビデオの監督としても活躍。数コマ単位の映像処理で“右脳”に響く時間を演出。カンヌ国際CMフェスティバル、ADC賞、ACC賞など受賞歴多数。