福島県 南相馬市について


豊かな自然と食、住みよい暮らしがある福島県。6年前の東日本大震災で、その暮らしが一変してしまった地域も少なくありません。震災からそれぞれのまちが復興しつつある中、地域の人々は新しい街づくりに取り組んでいます。今だからこそ、外から来た人が素直に感じる「よそ者視点」と、観る人に伝わるような「アイデア」で、住民の方も気づいていない”現在の福島”の魅力を、発信してください。(定員:21名)

 
 
南相馬市は福島県いわき市と宮城県仙台市のほぼ中央に位置しており、福島県の太平洋側、浜通り地方北部の拠点です。温暖な気候と山、川、海の豊かな自然環境に恵まれ、相馬野馬追をはじめとする伝統・文化や報徳仕法によって復興を遂げた歴史を継承しています。
また2011年の東日本大震災によって多くのかけがえのないものを失いましたが、力強く復興への歩みを進めようとする多くの市民やボランティアの方々、さらには各地から本市に移住し共に働く仲間の存在によって活気づくことができました。

その他の地域

Coordinator

  • gnj0903261719020-p5

森岡 和人

一般社団法人原町青年会議所理事長
1978年生まれ、南相馬市出身。横浜歯科技術専門学校卒業、歯科技工士。首都圏で研鑽を積み2008年、市内に歯科技工所ベースラボを開設。2017年、原町青年会議所理事長に就任。「呼び覚ませ、報徳の精神」を掲げ活動中。江戸時代に相馬地方で実践された二宮尊徳による政策「報徳仕法」に着目し、地域の課題解決に取り組むリーダーシップを持った人材育成を目指している。